上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
(こぶや)でございます。

先日の「腰痛」ブログで、
たくさんのお見舞いコメントいただきまして
コメントを頂きました皆様
本当にありがとうございます。m(__)m

まだYahooにもGoogleにも登録されてなくて
「とっととトライアル」とタイトルそのもので検索しても
結果には出てくることのない生まれたてブログにもかかわらず、
こんなにたくさんのお見舞いコメントを頂けたことを
わたくし、はだかになって踊りながら喜んでおります。


  ブログ作っててよかった(*^^*)



さてさて、
腰痛に対して何もしない(何もせず治す)というのも
3分止まってると死んでしまう(こぶや)としては生死に関わる問題なので、
腰痛の原因を色々考えてみました。

その中で考えついた仮説を紹介します。

仮説1、コシの筋肉がない。
(仕事がイスに座ってる事が多いので、可能性高い。)

仮説2、イタイ気がするだけ。
(今更「これでした」って口が裂けても言えない。。。)

仮説3、しすぎ。
(ん~、 前にしたのいつやったっけ? これではなさそうです)

仮説4、自転車のポジションが悪い。
(仮説1の次に可能性高い。)



と言うわけで、
仮説1と4をさらに掘り下げましょう。

まずは仮説1ですが、
今から腰に筋肉をつけるって・・・むり。


  検証終了。


次に仮説4ですが、

今のポジションはハンドルの高さについて
「少し低いかな~」という感覚はありました。

でも、センターに乗る感覚としては良かったので
少し腰に無理をしてるかんじでした。

なので、
ステムカラー無し(ステムカラーは全てステムの上にあった)のポジションを
ステムカラーを一つ入れてハンドルの高さを少し上げてみました。


P1020509.jpg



これで様子を見てみたいと思います。
スポンサーサイト
2008.11.28 Fri l 今日この頃 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

No title
はじめまして、ふきおさんのサイトからきました、
私も40代です、
私的なのうがきをたれさせていただきます、
仮説1、必要です筋力アップと自身の軽量化、私も悩みのタネです、
仮説4、は否定しませんがバイクのポジションもさることながら乗り方が悪い場合も考えられます、
横からの動画でもあれば参考になるのですが、
お互いオヤジライダー頑張りましょう。
2008.11.28 Fri l ささ. URL l 編集
No title
ダニエルの練習中に、フロントが落ちてきたら
無理にこらえようとしないほうがいいです。
多分その時に、腕から足までピーンと力が入っていると思います。
その時に、腰にもピーンと・・・。
無理にこらえてもフロントの落ちは回復しません。
きちんとバランスポイントまで上げられるようになれば、
変な力は入りませんからね。

あと、準備運動とストレッチはよくやりましょう。
おじさんだから。。。
2008.11.28 Fri l ヒロ. URL l 編集
No title
さささん
はじめまして!

「筋力アップと自身の軽量化」
当初私はこれが目的でサイクリングを始めた事で
トライアルを始めたような気がします。
まさに、たまごが先か鶏が先か?(喰うのが先だ!)

「横からの動画」今度撮ってみますね!


ヒロさん
アドバイスありがとうございますっ!

確かにフロントが落ちそうになったときに
コシを引いてバランス取ろうとしてました。。。
準備運動もしてなかったな~。。。

気をつけますっ!
2008.11.28 Fri l こぶや@仕事の途中でコメント. URL l 編集
気になった事!
TRCOMPはステムが一番上で下にカラーが入れてあるのが初期状態のような気がするのですが?買った店はトライアル車関係の店ですか?
ステムはなぜBAZOOKA!換えました?TRUVATIVが標準のはづ?
2008.11.28 Fri l ささ. URL l 編集
Re:気になった事!
はい、
買ってそのままでは乗りにくかったのでいじりました。
2008.11.28 Fri l こぶや@外は雨. URL l 編集
仮説に
怒りからくる腰痛を入れてください。
十円ハゲや神経性胃炎などストレスが原因の疾病は多いのですが、腰痛もその一つだとする考え方もあるようです。
特に習慣的に「怒り」を他人に知られないように無意識にぐっとこらえることが腰によくないそうです。
だからと言ってやたらと怒り散らすのではなく、無意識に堪えるのではなく、怒っていることをあえて自覚して、それから堪えるようにするだけで良いそうです。
怒っている自分に気付くこと、例えば道端で他人に道を譲らされたことだったり、思うように自転車が上達できないことだったり、たまたま財布の中に小銭がなくて缶コーヒーが買えなかったことだったり、ほんの小さな怒りを無意識に押し殺しているはずです。
これらの「怒り」を意識するようにして、無意識なストレスを溜めないようにしてみてくださ~い。
温厚な人ほど腰痛に悩んでいるそうですよ。
2008.11.28 Fri l kanta. URL l 編集
No title
kantaさん
おはようございます。

怒りから腰痛もあるんですね。
嫁からは「あんたはストレスって言葉に縁がない」と言われ続けてますが、こんな私でも大丈夫でしょうか?
2008.11.29 Sat l こぶや@コーヒーうまし!. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tottoto10.blog57.fc2.com/tb.php/13-4fcf3be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。